近所でお茶。おなじみのカップが選べるお店猫
本日はトリさんの絵柄。
でもよーく見るとトリさんとムシさん花
カワイイ柄ヒヨコだけど食物連鎖困った
ちょっとブラック幽霊

05-01-19_17-02.jpg
昨日の上映会直後は
あー!!私、結構写ってるぅー音符位で
テンション高ロケットだったけど
1日経つと冷静に振り返りはじめます足跡

今回の「パープル・エデン」は
私の演じているミツコ(映画監督志望の女の子)が
色んな人と出会って泣いたり、笑ったり
喧嘩したり、恋愛して
壁にぶちあたりながらも映画を作る話で
ほとんどってゆーか全てミツコの出来事。
ミツコの人間性、心、かけひき、変化等全て表現するんで
私の演技がとても重要クローバーになってくる作品。
シーンも多いし、台詞も多い。
こんな役者名利につきる役は無い素敵な役なんですがキラキラ
撮影前はかなりのプレッシャーでした。

出来た作品を見て
色んな面が沢山見え考えさせられました。

もっと良い環境で、良いコンディションで
お芝居してたらもっと良い芝居が出来たとか
反対にこの環境だったからこそ、この演技が出来たとか
ヒロエミナが体調が良かったから出来た~悪かったから出来なかった~
生なんで色々言えばきりが無い。
役者側の人って、私はこれ位の表現が出来る!これは出来てない!
聞いてもいない言い訳を言って
すぐ芝居に点数つけたくなっちゃうけど

意外に映画を観たお客さん方それぞれ違う考えをしたりする。
本人はここが納得できてない~なんていう所がその役者の味、長所だったりもする。
観る人によって感じ方はさまざま。
お芝居には100点が無い。
だからこそお芝居は面白い。

意味不明すぎるかしらはてな文章上手な人になりたい。。メモ
なんか、わけわからん事書いてるけど
改めてお芝居は楽しい太陽って思いました。
この作品を見て、お客さんはどんな反応するんだろう。
恐いけど沢山の人に見て欲しいと思いました。

たくさんのベテラン役者さんともお芝居でき良い刺激になりました。
もっともっと色んな作品、役に挑戦してみたいって思いました。

良い節目の作品が出来ました。
ミツコ役に選んでくれた監督に感謝リボンです。